銀行でお金を借りる条件

「銀行でお金を借りる!」となったときに、いざ、銀行でお金を借りる条件はなんだろう?とお思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。 もちろん、銀行それぞれに“銀行でお金を借りる条件”は提示されているので、それをクリアしたうえで、契約申し込みを行うかと思います。

ただ、銀行でお金を借りる条件をクリアしているのに、それでも審査に落ちてしまった…なんてケースもないわけではありません。 それは一体なぜなのか…実は、非公開の銀行でお金を借りる条件というものが存在していると言われているのです。
銀行でお金を借りる条件を気にされている方は、念のためチェックされてはいかがでしょうか。

まず、銀行の審査に落ちた場合でも、審査に通らない理由などは明確にはされないうえに、その銀行独自の基準などがあり「どうして審査に落ちたのかわからない」という場合などもあります。とはいえ、銀行でお金を借りる条件は示されているので、こちらを認識した上で、契約申し込みをすることをお勧めします。

銀行でお金を借りる条件

※一例

※1:年齢制限は銀行により幅があります。「69歳まで」など、高年齢まで対応している銀行もあります。
※2:安定収入においては、収入金額の多さよりも、継続的に収入があること=“安定していること”のほうに重きを置かれる傾向にあります。

つまり、高収入の自営業者よりも、収入額が少なくても固定額を安定的に稼いでいる給与所得者のほうが有利といえます。 また、アルバイトやパートでも、継続的かつ安定的な収入があれば、お金を借りることができるキャッシングサービスもあります。

銀行でお金を借りる条件(非公開情報)

※一例

これらはいずれも一例となりますので、実際に審査を受けてみないことにはなんとも言えません。
銀行でお金を借りるには審査に時間がかかることもあり、お早めに審査申し込みをされることをお勧めします。

銀行でお金を借りるなら事前チェックを

銀行でお金を借りる条件をチェックするのと同時に、インターネットのWebサイトにて、借り入れができるかの「借り入れ診断」を行っているものが多くあるので、審査を申し込む前に、事前にチェックされてはいかがでしょうか。
事前に借り入れ診断を行うことで審査に通らない可能性がある場合は事前に把握できますので、契約申し込みをしたものの審査に落ちてしまった…などの余計なロスタイムを減らすことができます。

なお、こちらでご紹介しているのは“銀行でお金を借りる条件”の一例となります。
銀行でお金を借りる条件は、銀行によって詳細条件が異なりますので、実際に借り入れをする銀行にて、詳細条件をご確認ください。