銀行キャッシングを受けるときの条件

銀行キャッシングは銀行が提供するキャッシングということで、安心感があり低金利の手融資が受けられるのが特徴です。
担保や保証人も必要としませんし、年収の3分の1までしか借りられないという総量規制の対象外となっているため、消費者金融などの貸金業者のキャッシングが受けられない人でも融資をしてもらうことができます。
また、最近はインターネットだけで契約できてしまうため、利便性も高く多くの方が利用しています。
ただ、利用条件がいいだけに融資基準は厳しめになっています。
最低限の融資条件としては、20歳以上で安定した収入を持つ人が対象ですので、未成年、無職もしくは収入が極端に少ない人に対しての融資はできないでしょう。
ただ、安定した収入があっても審査基準を満たす返済能力を持っていなくては融資を受けることはできません。
例えば、収入はいくらか、職種は何か、勤務年数はどのくらいかということから、結婚はしているか、賃貸か持家か、固定電話は引いているかなど様々な点が考慮されます。
もちろん他社からの借り入れ状況も重要です。
この審査基準に関しては各銀行で異なるため一概にどのくらいの基準を満たせば融資をしてもらえるということがいえないのが難点ですね。
いずれにしても申込みをして審査を受けてみないことには分からないでしょう。
そこで、申込みをする前にまずは連絡をして自分の条件で融資が可能かどうか相談してみることも一つの手です。