保証人とはどのような仕組みなのか

保証人という言葉を聞いた事があるという方は多いですが、その意味を正確に知っている人は意外と少ないのではないでしょうか。
もし友人や身内にお金を借りたいから署名をして欲しいと依頼されると、断る方も多いですが、それにはちゃんとした理由があります。
もし借金の保証をするという事で署名をしてしまうと、ローンの債務を債務者ではなく自身が負担をする事になるからです。
保証人には連帯がつくものと、ついていないものの2種類があります。
連帯がついているタイプは、特に慎重に考える必要があります。
ついていてもいなくても、主たる債務者が債務を完済をするまでの間、債務者の代りに保証していかなければならないのです。
逆に連帯保証ではない場合、債権者がお金を払うように請求してきたとしても、お金を借りた当人に財産があれば、先に弁済を求めるように請求をすることができます。
つまり、債務者が支払い能力がゼロになった場合のみ、借金の肩代わりをするという事です。
連帯保証になった場合には、債権者からお金を支払へと要求があった場合、法律上これに対抗するすべがありません。
まさに、保証をすることによって、同等の債務を負ってしまったことと同じなのです。
安易に署名をするなど、気をつけましょう。
今は、ローン等を組む際に保証人を立てる代わりに、団体信用生命保険や保証会社のようなものもありますので、友人や家族から依頼があったとしてもこれらのサービスを利用するよう促すのが懸命でしょう。